ステキなお家

Comic

ステキなお家1

Story

ステキなお家に招待された。
主人は綺麗好きでシンプルなデザインを好み、休日にはお茶や読書を嗜む、至って普通の好青年である。
そう、至って普通なのである。

至って普通なのである。

Commentary

要するに物事の真実など、人によって大きく異なってしまうということです。
それは物事の考え方・捉え方の話だけでなく、もっと根本的な話にも当てはまります。

例えばあなたの目に見えている風景も、あの人にとっては全く違う景色に見えているのかもしれない。
そんなことはありえないはずですが、そんなことを証明する術がないことも事実です。


もしかしたらこの文字にも、この絵にも、正しい形など無いのかもしれません。

Secured By miniOrange