暑さの話

日記

5月になりました。
今までの肌寒さが嘘のように、5月になった途端に暑くなりましたね。

夜も窓を開けて寝ないと、少し寝苦しいくらいです。

これを読んでる方の中にも

「扇風機つけた!」
「もうずっと半そでだぁ~…」
「¡Hace demasiado calor el mayo de Japón!」

という方も多いのではないでしょうか。

本題

さて、今回はちょっと国語のお勉強をしましょう。

とても暑いことを、「うだるような暑さ」と言いますよね。

この「うだるような」って、一体何なんでしょうか?

ご存知の方もいると思いますが、うだるとは漢字で「茹だる」と書きます。

「茹でる」の「茹」ですね。

つまり「茹だるような暑さ」とは、頭が茹で上がるほどの暑さ、という意味を指すのです。

頭が茹で上がる…恐ろしい表現だと思いませんか皆さん私は怖いよ。

他にも暑さを表現する言葉は、日本には沢山あるようで、

酷暑、猛暑、厳暑、極暑、炎暑、激暑…

どんだけあんだよ。

というか、酷とか炎とか茹だるとか、そんな日に外出たくないわ!

ラクガキ24-min

まぁ、こんな話を持ち出してまで何が言いたいのかというと、

まみこたちの服装が暑そうなので、そろそろ夏服を考えてあげないとな、って言う話なのでした。

あとがき

しばらくブログ更新をほったらかしにしてたので、これからは絵を描くついで…

いや、ついでと言っては何ですが、ぼちぼちブログの方も更新していこうと思ってます。

自分語りやタメにならないような記事が多くなっちゃいますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

それでは皆さん、コロナももちろんですが、熱中症にもどうかお気をつけてお過ごし下さい。

1日シリーズでも読んでさ、ステイホーム乗り切りましょ。

1日シリーズはこちらから!
www.amazon.co.jp
Secured By miniOrange